包茎のデメリットとは?

包茎の状態には、さまざまなデメリットがあります。
一番のデメリットは、臭いかもしれません。
皮が被っていることで不衛生になってしまうのです。
空気に触れにくいため、雑菌も溜まりやすくなります。

仮性包茎ならば、自分の手でむいて洗うことが可能ですが、真性包茎になると皮がほとんどむけないので、亀頭を洗うことは難しいです。
臭いも強くて不衛生な状態なので、早期の治療をおすすめします。
形成外科・泌尿器科などのクリニックで治療を受けられます。

包茎は早漏の原因にもなります。
皮を被っていると亀頭への刺激が弱くなるのです。
性行為のときに皮をむくと、亀頭への刺激になれていないので早漏に至るわけです。
これを改善するためには、包茎の治療しかありません。
サプリメントを飲んでも、なぐさめにしかなりません。
一時的には効いているような気分になりますが、あくまでそう思うだけであり、まったく治療効果など期待できません。

包茎の治療により、自分に自信を持つことができるようになれば、勃起不全(ED)が治るかもしれません。
包茎の治療と同時に亀頭増大などの治療も行えば、ペニスが大きくなって自信の回復につながります。
男性のEDは、ちょっとしたきっかけで治ることがあります。
心因性のEDの場合は、包茎治療で治る可能性が高いのです。

パートナーの関係がうまくいかない方は、もしかしたら早漏やEDに原因があるのかもしれません。
これらの症状は、自然放置しておいたり、サプリを飲んだりしたからといって治ることはないのです。
クリニックで治療するしか根本解決の方法はありません。

包茎の治療を受けた男性は、「もっと早く治療すればよかった」と言うのです。
「恥ずかしい」と言って治療をためらっている方もいますが、放置しておくほうが問題なのです。
クリニックの医師は、年間に膨大な患者の治療を行っていますから、包茎の男性を見ることに慣れています。
恥ずかしいと思っているのは、自分だけかもしれません。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>