男性自身の悩みの中で結構多いのが包茎ではないでしょうか?
僕自身は学生の頃は仮性包茎でしたが成人する頃にはいつのまにかしっかりと皮がむけて大人の体になってくれました。
まぁ運よく包茎で悩むことはありませんでしたが雑誌やラジオ番組でも悩んでいる人をよく見聞きします。
包茎で得をしたっていう話は全然聞かないですよね。
じゃ包茎のデメリットは?
と言うとまず包茎で皮をかむったままの状態だと雑菌が繁殖しやすくなってしまう事がありますよね。
雑菌のせいで痛くなってしまったりニオイが出てしまうこともあります。
次に正常に発達してくれない事もあるそうです。
いわゆる短小という物ですがコレは包茎とかかわりあいがありますね。
次に早漏になりやすいという事です。
コレは包茎の人は亀頭を皮で覆うために普通の人は下着でこすれたり、といった刺激に慣れているものの、包茎の人はそういった刺激に慣れていないためにパートナーとの時に刺激が強すぎて早漏になってしまうそうなんです。
外国では生まれたらすぐ皮を切って包茎にならないようにする国もあるそうですが皮を切るという事は衛生面、発達面、パートナーとの事全てにおいて合理的なんですよね。
まぁ日本では生まれてすぐに皮を切るという風習はありませんがそのかわり包茎治療してくれる医者がいるのが助かりますね。
包茎治療のメリットは先にあげた外国の風習と同じように様々な面でメリットがあります。
真性包茎の場合は手術で皮を切る、などの治療が必要ですが仮性包茎の場合、普段から自分で意識して皮をめくっておく、と言うのも立派な治療だと思いますね。
どうしても大きさや長さを比べてしまうものですからもし包茎で悩んでいる人がいたら早い内に迷わずに治療する事をオススメしますよ。