包茎はなかなか人には相談できない悩みであり、自分だけで悩みを抱えている人も多いと思います。
また包茎の治療と言えば包茎手術ですが、いくら悩んでいても、手術に踏み切る人は多くないのが現状です。
しかし包茎で一生悩み続け、女性との関係をうまくつくれなかったり、温泉や銭湯などにも行きにくかったり、また男としての自信を持てなかったりするようなら、包茎治療の踏み切ることが自分にとってはプラスになるのではと思います。
包茎手術をした人の体験では、多くの方が包茎手術をしてよかったと感想を述べています。
ごく稀に後悔している人の話を聞くことがありますが、包茎の悩みを一生抱えて生きるよりは、手術をして直してしまった方がよい場合が多いようです。
包茎手術をするにあたって障害になるのは、まず手術自体に踏み切れないと言うことです。
手術に踏み切るには勇気がいることで、対策は特にないので難しいですが、思い切って治療に行くということが必要です。
またクリニック等で自分のコンプレックスである包茎治療を見せて、それを直したいと訴えることが障害になっているケースもありますが、一生悩み続けることを思えば、一時の恥です。
思い切って相談しましょう。
そして手術に踏み切れない一番の原因は手術跡が残ってしまって、包茎だったことがばれてしまうのではということです。
しかし、ほとんどの場合包茎の手術をしたことが分かってしまうことはありませんので、包茎手術は包茎治療としては一番有効な手立てであり、コンプレックスになるなら、少しでも早く手術を受けるべきだと考えます。